ペルーのモルモット飯

前の職場で一緒に働いていたmさん(翻訳家)が、

なんとめちゃくちゃ近所に住んでいた事がわかり、

久々に会って食事をする事に。

(同じ町で、私は三丁目、彼女は二丁目だった。

世間は狭いのかもしれない。)

 

「ペルー人の彼氏を連れて行ってもいいですか?」と聞かれ、

「いいですよ」と、人生初のペルー人に対面。

 

お店での会話↓

「何でpさん(ペルー人)は日本に来たんですか?」

「m二会ウタメヨ〜」目の前でぶちゅー!

い、異国だあ...!

(15年日本に住んでいるそうで、日本語はペラペラだ。)

 

ペルー料理ってどんなんがあるんだろうと思ったら、

「これが、Quyって料理」とiPhoneで写真を見せてくれた。

 

蒸したジャガイモの上やごはんの上に、

ネズミの丸焼きが乗っている。

 

手足や頭部もそのままついていて、

もろにネズミって感じ。(モルモットらしい。)

 

え。。。これは。。。ものすごいインパクト。

 

味は鶏肉より濃いらしく、値段は1500円くらいで、

普通に家庭料理でも出るらしい。

 

日本でこれ出たらひっくり変える人がいそうだ。

 

続いて、

「suriハ食ベタ事ナインダケド、タベテミタイ」

またgoogle検索の写真。

 

...めっちゃ芋虫なんだけど。

 

カブトムシの幼虫らしい。

(それにしてはカールみたいに丸まってなくて、

ストレートな巨大芋虫だった。)

 

カラっと揚げてるのかな...。

 

「ペルー料理ハトテモオイシイヨ(^0^)」

 

うーん、いつか実際にペルーでこれらを食べるのが

昨日増えた新たな野望。

 

 

 

 

 

 

柳美里著

「まちあわせ」の表紙にイラストが使われました。

(発売:2016.11.8)

 

よろしくお願い致します!