猫とか鳥とか子供とか

家の近所にふわふわの長毛種の猫がいて、

可愛いのでたまに見かけたら寄って行く。

 

しかし昨日買い物帰りに寄っていったら、

尋常じゃない感じで逃げられた。

 

「そんな早く動けたの??」という早さで、

5メートルくらいダッシュしたかと思うと、

そこでピタリと止まり、

耳はこちらに向けながら明らかに警戒して、振り返らない。

完全に身の危険を感じたような機敏な動きだ。

 

ガーン。

 

うーん、今日変な柄のタイツ履いてたからな。

という事で自分を納得させる。きっとそう。

 

もっかい寄って行ったら、(こういう性格が良くないんだろう)

さらにその先に逃げられましたわ。

 

夏に鳥にも意味不明な事をされていて、

九州にしばらく帰省して長期で家を空けていたら、

戻ってベランダに洗濯干しに出たら、

手すりに大量の鳥の糞!

 

両サイドの家の手すりはそんなことないのに...

ここに鳥が停まってるの、見た事ないんだが。

この量、一羽の仕業とは思えないし、

一体どれくらいの時間ここにいたんだよ...

という量ついてる。

そして何故私が不在の時を狙ったんだろう??

 

ストーカー的な鳥なのだろうか。

 

その後は一度もそんな事ないけど。

(これはしばらく推理した結果、うちのふとんばさみがカラフルだから、

遠くからそれを見た鳥達が果物かなんかと間違えて、

食べれるか確認しに来たんじゃないかな、と思ってる...

きっと、そうなんだよね??)

 

子供はたまにじーっと見てる。

なんなんだ...

 

水軍の末裔だから

なんか怨霊的な物でも背負ってて

それが見えるんだろうか...

 

昔よりはるかに社会に適応してるつもりなのだが、

動物や子供に「お前は全く適応などしていない!」と

言われているようで、

何気に傷つくのであった...。

 

 

柳美里著

「まちあわせ」の表紙にイラストが使われました。

(発売:2016.11.8)

 

よろしくお願い致します!