iTunesとの戦い

さすがに寒いので、

レンタルしたCD等を返しに行くのが億劫だ。

 

しかしどうしても音楽は聞きたくなってしまうので(一種の病気)、

コスパは悪いが今日はダウンロードする事にした。

(レンタル→2000円で150曲くらい/ダウンロード→2000円でいいとこ15曲)

 

でも返さなくて良い、以外のダウンロードのメリットに気がつきました。

 

一回買うと、cloud(?)に保存するから、

違うデバイスからでも簡単に聞けるのですね。

(デバイスの使い方が正しいのか不明...つまりiPadとかiPodとかね)

 

。。。っていうのはいいんだけど、

もうそもそも絶対的に機会音痴なので、

目に見えない仕組みが良くわからない。

 

さっきまで四苦八苦していたのが、

iPadからダウンロードしたアルバムを

どうやってiTunesに入れ、iPodに転送するのか??

でした。

 

何がややこしい原因かと言うと、

私がデバイスやメールアドレスをいくつか持っているせいで、

iTunesのIDが、統一されておらず、

「あなたは結局どこの誰?」と認識されちゃうのが原因。

 

原因わかればネットで調べてなんとかなりそうな物なのに、

なんか頭の中がどんどんこんがらがって行く。

慌てて押さなくて良いボタンとか押しちゃうし。

 

そして、怖いのが、数度の経験ありでよ〜くわかっているんだけど、

iTunesの同期を一歩間違えば数万曲の音楽データがふっとんじゃうのよね。

 

数度の痛い経験から

いくらバックアップとってるとは言え、

また入れるなんてめんどくさすぎる。

爆弾の導線切る気分。

 

そして音楽は今聞きたいんだ!

 

ネットで同じような状況を調べるが、

いまいち何のこっちゃわからんので、

もうappleコールセンターに電話しちゃうんだけど(老人かよ)

しばらく「〜の質問は何番を押して下さい」の自動音声に従って

聞きたい項目のボタン押してたら、

最終的に「その質問でしたらhttp://www〜に書いてるので見て下さい」と

言われました。

 

そ、そんなのあり...?ネットつないでない人はどうするんよ。人に非ず?

まあしかし自分でなんとかするしかないって事か。

 

まずは落ち着け〜とそれとは別に全然違うやらなきゃいけない作業をする。

 

 

...で、ここまでたらたら誰得な情報書いてますけど、

結局、iPodには自然とこの音楽データが入っていたので、

「え?入ってる、聞ける!」と問題のおおよそは

なんか知らないうちに片付いていたのです。

 

ただまあ、やっぱりiTunesには入っていないようだ...。

うーん、...うーん...。

 

柳美里著

「まちあわせ」の表紙にイラストが使われました。

(発売:2016.11.8)

 

よろしくお願い致します!