女のいない男たち

そろそろ発売されるなあ、
村上春樹の新刊。
と思って二三日前から微妙にそわそわしていたのだ。
(ミーハーだなあ。)

で、さっき買って来ました。わーい。

私は、村上春樹は長編より短編派なのです。

ゆっくり読もうと思ってるけど、
待ちきれず、帰り道のドトールで一話目を読んで来ちゃった。

面白かった。
今回の短編集のテーマは、
タイトル通りの「女のいない男たち」だそうです。

どんな気持ちで読んでるかと言うと、
子供の頃の、”世にも奇妙な物語”を心待ちにしていたような
気分でその世界を味わってるかなあ。

春樹さんの小説って、
どこかしらなんか不思議な人物や設定、小物が出てくるじゃないですか。
ちょっとバラバラな組み合わせ。
でもなんかリアリティがあると言うか。

月並みな表現ですが、
いろんな物事や人を、
黙ってじっくり観察しているのだなあ、
と思う。

で、まあじっくり読もうと思います。
(パーっと読まないようにしなきゃ。)

柳美里著

「まちあわせ」の表紙にイラストが使われました。

(発売:2016.11.8)

 

よろしくお願い致します!