久々に

昨日今日で、絵を一気に描いた。

 

ついつい映画や読書漬けの日々だったので、

アウトプットもしなきゃいけないなあと思い。

 

 

しかし、思いつくままにセーブしないでどんどん描いたら、

我ながら相変わらず多重人格なんじゃないかと思うような、

バラバラ具合だ。統一性がないなあ。

 

でも浮かべてはならない花なんてないはずなんだ、と思い載せる。

 

数日後になんじゃこりゃと思ったら消そう...。

 

いろいろ描いてたら本当思うけど、

絵を描き続けている人、特にいろいろな方向を模索している人は

無条件に尊敬するなあ。

 

だって楽しいばかりじゃないものね、絵描くのって。

なんじゃこれ、と思う事は本当に多いです。

 

昨日は、家中の資料をいろいろひっくり返して、

「どのような絵の、どのような点がいいと思うのか」を研究しました。

 

でも、人の絵だとどういうところがいいなあとかわかるけど、

自分の絵となると全然わからなくなる。

自分の絵を見る目がないのが最大で最悪の欠点。

 

ただまあ、一つ言えるのは、大きい紙に綺麗な色のインクを垂らすと楽しい、

と言う事ぐらい。

 

でも綺麗な色ってついつい使いたくなるけど、

広い面積は地味な色を使っている絵の方が素敵だなあと

昨日の研究結果でわかったので、綺麗な色はちょっとの方がいい。

 

音楽と一緒なんだな。

冴えないABメロを通して、サビの良さが効いて来るわけです。

 

というわけで背景はシンプルな方が良い。

 

明日また研究しよっと...。

 

 

 

 

柳美里著

「まちあわせ」の表紙にイラストが使われました。

(発売:2016.11.8)

 

よろしくお願い致します!