サムゲタン

サムゲタンって響き、聞いた事はあったけど、
食べた事はなかった。

人って、案外おなじみの物ばっかり食べる傾向にあるよね。
味が予想出来て安心というか。
しかもサムゲタンって、なんか味の想像が全然出来ない語感だし。

この間孤独のグルメでちらっと出て来たから、
ああこういう物なのか、と思ったけど、
全く知識ないまま「サムゲタンってなんでしょう?」と
フリップに書かされたら、全く未知の料理を想像で書くしかなかったと思う。
いや、下手したら料理だかなんなんだか知らないまま死んでたかもなあ。

昨日人生で初めて韓国料理屋でサムゲタンに挑戦してみました。

どんなのかと言うと、韓国風七面鳥の丸焼きスープ、というか。
鶏の体内に餅米、ニンニク、高麗人参、ナツメなど、
あんまりなじみ深くないような食材を詰めて、
丸ごとスープにぶっ込んでみました、的な料理。

食べ慣れないものって、結構注意深く食べるから印象に残る。

まあとにかく美味しかったです。

もうすぐ産まれて32年になるけど、
まだまだ経験してない事はたくさんあるなあ、という話。

柳美里著

「まちあわせ」の表紙にイラストが使われました。

(発売:2016.11.8)

 

よろしくお願い致します!