鈴木成一イラストレーション塾

終わって何週間か経つけど、
なんかすごさに未だにノックアウトされてる感じです。

すごい夢見た、って感じ。

一回目で掴みは良かった(?のだろうか…)
割と印象着いたみたいだったけど、
二回目、自分ぽくない作品にチャレンジして、
これが全くうまくいかず…

最後のチャンスで最後の授業!
もう、無意識でかなりプレッシャーだったのか、
その週の私は暗いのなんの…家事もろくに手につかない。

今日で終わるぞ!という最終日、
急にこざっぱりした気持ちになりました。
そこでプレッシャーに気付いた。

絵を前に出した時、
自分の絵はもっと後で講評されるぐらいに構えていたら、
鈴木さんが一番に私の絵の真ん前に来てじーっと見てる。
いきなりビシビシと絵に対する感想&質問攻めに合う。

ひいい〜
心の準備が何もできてなくて、なんか余裕のある返しが出来なかった。

ラケット持って隅っこでちょっと待ってようと思ったら、
ボールがガンガン自分のとこに投げられる感じですよ。

まあ、ある意味
「こいつ何描いてくるんだろう」と期待されていたのかもしれない。

そして結果はまあ、私の絵は作品の表紙には選ばれなかったのです。
でも、終わったことにほっとしたので、
まだ自分には向いていなかったと思う。

私はこれから方向性決めてどんどんやって行かなくちゃ。

最後、懇親会で今まで描いた他の絵を鈴木さんに見せたら
「君は作家向きだね」と言われました。
ネガティブに捉えると「頼まれると緊張していい線が出せない」
なのだろうけど
ポジティブに捉えると
「オリジナリティのある世界は持ってる」という事なのでしょう。

「空気読んだらダメ」とも言われました。
普段空気、ろくに読めないんだけどね。
読んじゃダメと言われたからにはもう一切読みませんよ、空気なんて。
KYと刺繍したお守り持ってあるこう、くらいの心意気だよ。

さて、どういう絵を描いていくべきか…
終わって今も悩むのですが、
とにかく書き続けるしかないのでしょうね。
鈴木さん曰く、黒っぽい絵が良いそうです。
黒いの描いて行こう。

聞くだけの授業は単純に楽しいけど、
自分の作品が計られる授業は、
なかなかに緊張しちゃうわ。


柳美里著

「まちあわせ」の表紙にイラストが使われました。

(発売:2016.11.8)

 

よろしくお願い致します!